米IT大手グーグルは3日、日本語のウェブサイト検索の評価方法を改良し、より高品質なサイトが上位に表示されるようにしたと発表した。記事の誤りや大量の無断転用で問題となった「まとめサイト」を狙い撃ちした変更とみられ、専門家は複数の同種サイトの表示順位が低下したと指摘している。

 まとめサイトを巡っては昨年、IT大手ディー・エヌ・エー(DeNA)が医療関連情報など全10サイトを休止した。検索の表示順位で広告収入に差が出るネットの構造的問題が背景にあり、順位アップのため、グーグルの評価方法を分析して対策を立てる「検索エンジン最適化(SEO)」の手法を追求した結果、内容の真実性が置き去りにされていた。

 グーグルは今回の改良の具体的な中身は明らかにしていないが、有用で独自性の高い内容を記載したサイトがより検索上位になるようにしたとしており、一連の問題に対応したとみられる。同じ言葉を検索しても、変更後は、以前より順位が低下した。

 「まとめサイト」は閲覧数を伸ばすことで広告収入を得ていたとされる。グーグルなど検索エンジン側が改良を加えてもすぐに対応し、「いたちごっこ」が続く。グーグルは「継続的に改善を行っていく」とコメントしている。

 SEO専門家の辻正浩さんによると、旅行や健康などの分野を扱う規模の大きな「まとめサイト」や新興の情報サイトの表示順位が、3日未明ごろから大きく下がった。個人のブログなどに影響が出た形跡はないといい、「評価方法の大きな変更は日本では珍しく、素晴らしい対策」と話している。【共同】

このエントリーをはてなブックマークに追加