31日の大会への参加を呼び掛ける「唐津湾イカダと市民の会」のメンバー

 今年で34回目になる「唐津湾イカダ大会」が31日正午から西の浜海水浴場で開催されます。この歴史ある唐津の夏のイベントを支えているのが「唐津湾イカダと市民の会」です。

 毎週土曜日に集まり準備を進めています。第1回から参加している山下秀史会長をはじめ、大会に長年関わっている会の皆さんが「まだ出場受け付け中です。参加お待ちしています」と呼びかけています。電話0955(72)4776。(地域リポーター・小島起代世=唐津市)

■山下 秀史会長(62)

 第1回から10回まで会社として参加し、11回からは実行委員です。台風が来ないように願っています。

■森 金充実行委員長(60)

 実行委員長5年目です。イカダは明るく楽しく元気よく、そしてやさしく! これは、自分のキャッチフレーズです。

■久保 英敏事務局長(70)

 11回目から3人で引き継いで、今まで続けています。健康に感謝。若い人が頑張ってくれてありがたいですね。

■九鬼 怜子さん(37)

 西の浜のイベントとして必要だから続けようというメンバーの強い気持ちが、市民の皆さんに伝わればいいな。

■通山 重文さん(70)

 天気が良ければ最高に幸せです。年に1度、西の浜で大いに騒いでください。けがや事故がないように楽しんでください。

このエントリーをはてなブックマークに追加