佐賀LIXIL―熊本教員蹴友団 後半18分、DF坂本浩幸(右から3人目)が同点ゴールを決め、喜ぶ佐賀LIXILの選手たち=嬉野市みゆき公園

 第45回九州サッカーリーグ第8節は4日、嬉野市のみゆき公園などであり、佐賀LIXIL(鹿島市)は熊本教員蹴友団に2-1で逆転勝ち。今季ホーム初白星を挙げた。

 0-1で迎えた後半18分、佐賀LIXILはMF時田元気のCKをDF坂本浩幸が頭で合わせて同点。さらに同31分にはMF清田芳浩が勝ち越し点を奪った。終盤の相手の猛攻はGK木原智典の好守などで逃げ切った。

 第9節は11日、5試合があり、佐賀LIXILは大分県の三光総合運動公園でFC中津(大分)と対戦する。

佐賀LIXIL(6) 2(0―1)1 熊本県教員蹴友団(2)

            (2―0)

海邦銀行  (14) 1(0―0)0 三菱重工長崎(8)

            (1―0)

J・FC・MIYAZAKI(20) 3(1―1)2 FC中津(6)

                   (2―1)

テゲバジャーロ宮崎(20) 3(0―2)3 九州三菱自動車(12)

               (3―1)

              (PK8-7)

NIFS・KANOYA・FC(13) 2(0―0)1 FC那覇(6)

                    (2―1)

このエントリーをはてなブックマークに追加