記者会見後に手を合わせる(左から)英パフォーム・グループのジェームズ・ラシュトン氏、Jリーグの村井満チェアマン、NTTの鵜浦博夫社長=20日午前、東京都文京区

 サッカーJリーグは20日、東京都内で記者会見し、2017年からの放送権の主要契約先として、英国の動画配信大手パフォーム・グループと26年まで10年間、約2100億円の大型契約を結んだと発表した。現行のスカパーJSATなどとの年間推定約50億円から大幅に増額され、リーグによると日本のスポーツ放送権料で過去最高額となる。【共同】

 パフォームの新規動画配信サービス「DAZN(ダ・ゾーン)」によってJ1からJ3の全試合が生中継され、スマートフォンなどの携帯端末を使って定額で視聴できる。試合中継はインターネット配信が主体となるため、従来はテレビ放送に合わせていたキックオフ時間を、主催クラブが設定できるようになる。無料の地上波、BS放送については、今後リーグが放送局と交渉する。今季で契約が満了するスカパーは、パフォームからサブライセンスを取得して放送する可能性がある。

 村井満チェアマンは「スポーツの新しい観戦スタイルができる」と話し、スマートフォンなどの携帯端末を中心に「いつでも、どこでも、何度でも見ることができる」と強調した。

 年平均210億円の契約金は、今の放送権料から4倍強。各クラブへの配分金などを増額できるようになり、村井チェアマンは「さまざまな強化費、育成コストに振り分けることで日本サッカーのレベルアップを図れる」と述べた。

 放送権契約とは別にNTTグループと契約を結び、スタジアムにいながら携帯端末などでも試合を視聴する際のWiFi(ワイファイ=無線LAN)を整備する。

このエントリーをはてなブックマークに追加