政府は新たな経済対策に整備新幹線の建設費として財政投融資約8千億円を盛り込み、北海道、北陸、九州・長崎ルートの各路線の整備を進める方針だ。民間からの借り入れ資金を財投に切り替え、金利負担を減らす。浮いたお金で財源に余裕が出れば、未着工となっている北陸新幹線の敦賀(福井県)-大阪の建設が早められる可能性もある。

 安倍政権はリニア中央新幹線の全線開業前倒しのため、財投でJR東海に約3兆円を貸し付ける方針も固めている。長期・低利で資金を供給できる財投を積極活用し、インフラ整備を加速させる考えだ。【共同】

このエントリーをはてなブックマークに追加