塚部伊万里市長から委任状を受け取るキンタローさん(左)=伊万里市役所

 「観光大使をフライングゲット」-。伊万里市観光大使に就任した人気女性芸人「キンタロー。」さん(35)の就任式が4日、伊万里市役所市民ロビーであった。おなじみのAKB48の衣装で現れたキンタローさんは「私の顔のように、伊万里を大きく広めたい」と語り、集まった約300人の市民を笑わせた。

 塚部芳和市長が「いま一番の売れっ子芸人で、発信力はすごい。伊万里を全国、世界に発信してほしい」と期待を込め、伊万里焼陶板をあしらった委嘱状を手渡した。キンタローさんは持ちネタのフライングゲットのポーズでおどけた。

 塚部市長と漫才のようなトークを展開し、伊万里の魅力について、光浦靖子さんのものまねで「伊万里牛がすごくおいしい」。市内でダンスを習っている子どもたちと一緒に「フライングゲット」を踊り、詰めかけた市民を楽しませた。

 キンタローさんは愛知県出身で、2015年に伊万里市波多津町出身の男性と結婚。昨年11月、東京での結婚披露宴に招待された塚部市長がスピーチで観光大使就任を直談判し、その場で事務所側から快諾をもらっていた。市観光大使は、演歌歌手の池田輝郎さんや俳優・ミュージシャンの白竜さんらに続き5人目。

このエントリーをはてなブックマークに追加