民進党は20日、岡田克也代表の任期満了に伴う代表選を9月7日投開票で実施する方向で調整に入った。9月中旬にも召集される秋の臨時国会前に新執行部を発足させる必要があると判断した。憲法改正論議への対応や野党共闘の在り方が争点。岡田氏は代表選への態度を明言しておらず、候補擁立に向けた党内の駆け引きが活発化しそうだ。

 民進党代表選は3月の党発足後初めて。党所属国会議員や地方議員、党員、サポーターらの投票で選ぶ。岡田執行部は来週の常任幹事会で日程案を示し、8月初旬にも開く両院議員総会で正式に決める考えだ。

 秋の臨時国会召集日は9月第3週前半となることが想定されている。党人事や代表質問の準備が必要なため、投開票日を9月7日とする案が最有力となった。

 党規則では、選挙期間を「告示日と投票日を含めて14日以内」と定めており、告示は8月25日以降となる。秋の臨時国会の召集日が想定より遅くなった場合、日程が再調整される可能性もある。【共同】

このエントリーをはてなブックマークに追加