新たな物流サービスの開発を目指す共同プロジェクトを発表したDeNAの守安功社長(左)とヤマト運輸の長尾裕社長=20日午後、東京都目黒区

プロジェクトで使われる車両のイメージ図

 ディー・エヌ・エー(DeNA)とヤマト運輸は20日、自動運転技術を活用した新たな物流サービスの開発を目指す共同プロジェクトを始めると発表した。荷物を受け取る時間や場所などで多様なニーズに応えるのが狙いで、将来的に完全な自動運転での「宅急便」配達を視野に入れる。「ロボネコヤマト」と称し、2017年3月から1年間かけて実用実験を進め、事業化を探る。具体的にはスマートフォンを利用して、利用者が望む時間や場所で荷物を受け取ったり、インターネット経由で地域の商店で購入し、運んでもらったりするサービスを実験する。

 まずは運転手を置くが、自動運転の導入に向けて人工知能(AI)を使った配車などの技術の実証を進める。

 記者会見したヤマト運輸の長尾裕社長は「送る、受け取るそれぞれでいまの社会に合わせて(物流を)進化させていく必要がある」と強調した。早朝や深夜の配達などサービスの幅が広がる可能性がある。【共同】

このエントリーをはてなブックマークに追加