暑い夏でも涼しくなる、怖い噺(はなし)を一つ。ある男が夏の日に甚平を着て友人宅を訪れる。そこで見た草を「これは『蛇含草(じゃがんそう)』という薬。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加