日本ラグビー協会は30日、8月にアイルランドと英国の一部、北アイルランドで行われるラグビーの女子ワールドカップ(W杯)に出場する日本代表28人を発表し、フッカー斉藤聖奈主将(パールズ)、男女通じて史上最年少のW杯日本代表となった17歳のSH津久井萌(群馬・東農大二高)、7人制でリオデジャネイロ五輪代表のCTB冨田真紀子(世田谷レディース)、佐賀工高出身の堤ほの花(日体大2年)らが選ばれた。

 東京都内で開かれた記者会見で、斉藤主将は「必ずベスト8を達成して帰ってくる。19年(男子W杯日本大会)にいいバトンをつなげられたら」と意気込みを語った。【共同】

このエントリーをはてなブックマークに追加