ぼや火災があった龍谷高校野球部の部室。元はサッカー部室だった=佐賀市水ケ江

 21日午前11時20分ごろ、佐賀市水ケ江の龍谷高校の部室棟から出火、野球部室を一部焼損した。室内からたばこの吸い殻が見つかった。佐賀署によると、部員数人が出火前に部室で喫煙したことを認めており、詳しい原因を調べている。

 同校野球部は昨夏、全国高校野球選手権佐賀大会で優勝し甲子園に出場。今年も優勝候補で、同日は準々決勝で勝利し、24日の準決勝に進出した。同校は「事情を把握しておらず、事実関係を確認して喫煙があれば、24日までに対応を決めたい」としている。

 同署などによると、部室はコンクリート2階建ての1階。校内にいた生徒が出火に気付いて職員に伝え、消火器などで火を消し止めた。部室は約15平方メートルで、床のマットや壁の一部を焼いた。焼け跡からたばこの吸い殻約20本やたばこの箱1個などが確認された。

 野球部は同日午前9時すぎまで学校で練習した後、佐賀大会の試合に出発。出火当時、部室は無人だったが、同署の調べで、部員数人が出発前に部室で喫煙、蚊取り線香の火をつけたまま退室したと供述した。

 同校によると、野球部員は約70人で、部室棟に野球部室は3部屋あった。ベンチ入りしていた4人を含め2、3年生8~10人が利用していた。

【関連記事】
龍谷高校が出場辞退 高校野球佐賀大会
佐賀商、龍谷が4強入り 高校野球佐賀大会
龍谷、秋田商に1-3で敗れる 甲子園

このエントリーをはてなブックマークに追加