今年6月の大雨で冠水した武雄市橘町の片白地区。浸水被害はあるものの、六角川水系の治水工事で浸水戸数や面積は減少している

 国土交通省武雄河川事務所は、6月の大雨による六角川水系の浸水被害と過去の同規模の雨量による被害を比較し、30年余りにわたる治水対策によって、越水など河川氾濫が主原因の浸水被害戸数が100分の1に減少したとする調査結果をまとめた。河川改修によって越水を防ぎ、水はけ悪化だけが原因の浸水戸数も20分の1に減った。

 6月22、23日に流域平均で6時間に127ミリの雨量を記録し、46戸、340ヘクタールが浸水した被害を、同規模の雨量だった1980年8月の105・3ミリ、93年8月の108・2ミリの二つの被害と比較した。浸水の原因は河川の越水や堤防決壊による浸水(外水氾濫)と、水はけ悪化による浸水(内水氾濫)に分けた。

 80年は外水と内水の複合被害で、堤防が5カ所決壊したほか、各地での越水、内水氾濫も加わって流域全域で4835戸、5400ヘクタールが浸水した。93年は河川改修などもあって内水被害だけにとどまり、武雄市朝日町高橋地区など876戸、1600ヘクタールが浸水した。この2回の被害を今年の被害と比べると、戸数、面積とも大幅に減っている。

 国交省は、六角川水系でさまざまな治水工事を重ねてきた。河川本体の治水対策としては、堤防かさ上げ、河川の掘削や拡幅などを行い、工事の総延長は41・2キロに及ぶ。内水氾濫を軽減する排水機場増設や遊水池整備にも取り組み、排水機場の数は1993年時点の9機場から、16機場に増えている。こうした治水対策の相乗効果で浸水地域が縮小、浸水戸数も減った。

 武雄河川事務所は「浸水被害は軽減されてきているが、6時間雨量で251・6ミリを記録した近年最大規模となる1990年7月の洪水クラスにも対応できるよう、整備を進めていきたい」と話す。

このエントリーをはてなブックマークに追加