福岡戦に向けた練習で、リラックスした表情でランニングするMF金民友(キム・ミヌ、左)、DF金敏?(キム・ミンヒョク、右)ら=18日、鳥栖市北部グラウンド

 サッカー・J1サガン鳥栖は、リーグ戦第2ステージ第5節の23日午後7時から、福岡市のレベルファイブスタジアムでアビスパ福岡と対戦する。今季公式戦では3度目の“九州ダービー”。最下位に沈むチームから勝利をもぎ取って、勢いを継続したい。

 鳥栖は第2ステージ2勝2分け(勝ち点8)の5位。前節は名古屋とホームで戦い、猛攻をかけながら最後まで1点が遠く0-0で引き分けた。年間順位は13位に後退したが、フィッカデンティ監督は「名古屋に何もさせず、全体的に押し込めていた」と評価した。

 無得点に終わった攻撃陣だが、指揮官は「しっかりと形をつくることはできていた」とみる。守備陣も2試合連続で無失点に切り抜けており、上向きの状態だ。

 福岡は第2ステージ1勝1分け2敗(勝ち点4)の11位。前節はG大阪と対戦し、粘り強い守りで強力な攻撃陣を無得点に抑えて引き分けた。年間順位は最下位だが、ここ2試合は負けなしだ。

 鳥栖は福岡とリーグ開幕戦で対戦。2-1で勝利したが、相手は補強などで戦力の充実を図っている。主将のMF金民友(キム・ミヌ)は「前半戦はコンパクトに手堅くプレーしていた」と印象を語り、「選手も変わっていて、最近は調子もよさそう」と警戒する。

 ダービーに向けて選手たちのモチベーションは高い。金民友は「勝てば勢いに乗って上に行くことができる大事な試合」と闘志を燃やす。MF高橋は「ダービーは特別。負けてはいけない」と意気込む。

このエントリーをはてなブックマークに追加