6-6の八回裏2死。同点打を放った佐賀北の二走、藤井琢也主将は、続く原田悠介の中前打で勢いよく本塁に突入した。「きっと何か起きる」と信じ、頭から飛び込んだ。しかし憤死。勝ち越しはならなかった。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加