クラレは5日、小学校に今春入学する新1年生に就きたい職業を尋ねたアンケート結果を発表した。男の子の1位は21・9%を占めた「スポーツ選手」、女の子は30・3%の「ケーキ屋・パン屋」で、いずれも1999年の調査開始以来、19年連続で首位を維持した。

 男の子のスポーツ選手の内訳は、サッカーが57・7%を占めた一方、かつて人気だった野球が17・8%と過去最低だった。クラレは「野球のテレビ中継が減少しているのが原因ではないか」と分析している。2位の「警察官」は14・5%で、8年連続で割合が増えた。

 女の子の2位は12・9%の「芸能人・歌手・モデル」。近年、やや人気が下がっていた「看護師」が6・2%を占め、10年ぶりにベスト3に入った。

 男女ともに10位以内には入らなかったが、動画を投稿して多額の広告収入を得る「YouTuber(ユーチューバー)」という回答もあった。

 調査はクラレの素材を使ったランドセルの購入者を対象に実施し、男女それぞれ2千人、計4千人の回答を集計した。【共同】

このエントリーをはてなブックマークに追加