1点を追う鹿島の八回表。2死から3年生の山下祐真、峰力哉がつないだ後、大坪慎一監督に「3年分の思いを込めておいで」と送り出された3番平方壱生希は、1-2からの4球目を豪快に振り抜いた。結果は三振。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加