樹木や登山道に雪がうっすらと積もった天山=15日午後3時半ごろ

 佐賀県内は15日、今季一番の強い寒気が流れ込み、天山(標高1046メートル)で初冠雪を観測した。平年より9日、前年より18日遅い。山頂付近では雪がうっすらと積もり、樹木や登山道を白く染めた。

 佐賀地方気象台によると、日中の最高気温は嬉野市で7・7度、唐津市で8・2度など各地で10度を下回り、真冬並みだった。16日も山地で雪になる所があり、週末にかけて寒さが続く見込み。

このエントリーをはてなブックマークに追加