大会への意気込みを誓う平石拓也選手=小城市のゆめぷらっと小城

 第57回郡市対抗県内一周駅伝大会(佐賀新聞社など主催)で5連覇を目指す小城市チームの結団式が3日、同市のゆめぷらっと小城であった。監督・選手ら約30人が、今年も頂点へ向け一丸で気合を高めた。

 式では小城市体育協会の平松克輝会長が「走る喜び、誇り、勇気、責任を持ち、連覇をつかみ取るチャレンジャーの気持ちで頑張って」とあいさつ。チームの一人一人が関係者を前に「優勝に貢献したい」など意気込みを語った。

 選手を代表し、平石拓也選手(28)=ひらまつ病院=が「5連覇への挑戦者として最後の瞬間まで走り抜く」と宣誓。江里口秀次市長が「自分自身と仲間を信じ、諦めずたすきを渡してほしい」と激励した。

 大会は17日から3日間、全33区間で競う。17日と19日の午後に小城市内を通過する。

このエントリーをはてなブックマークに追加