市長最後の仕事として祝辞を述べた坂井俊之唐津市長=唐津市高齢者ふれあい会館「りふれ」

 ○…5日に任期満了を迎えた唐津市の坂井俊之市長(55)が「一番最後の仕事」として、同市二タ子の高齢者ふれあい会館での閉会式で祝辞を述べた。

 市町村合併を挟んで14年間、市のリーダーとして走り続け、この日がゴール。昨年9月の市議会での不出馬表明では「市政は終わりなき駅伝競走のようなもの」「たすきをつないでこそ歴史は続いていく」と述べていた。

 この日の祝辞では「縁の下で支えてくれる皆様方への感謝を忘れずに、しっかりと、次代、次代へつないでほしい」と関係者にエールを送った。

このエントリーをはてなブックマークに追加