力武龍巳審判長

 前半は鏡体協、後半はSUMCO伊万里の独走だった。結果を見れば、鏡体協の逃げ切りの作戦がはまった形にはなったが、お互いに相手が見えない一人旅でタイムとの戦いとなり、駅伝の難しさを感じたのではないか。優勝した鏡体協には、来年、ぜひ連覇に挑戦してもらいたい。

 全体的には昨年のタイムや繰り上げの数と比べて少し物足りない。雨の影響もあったかもしれないが、年間を通した強化で各チームが力をつけることを期待したい。

 ことしも沿道には多くの人が出て声援を送ってくれた。これからも地域の人に応援される大会として継続していきたい。

このエントリーをはてなブックマークに追加