佐賀お茶がゆ会のメンバー

 佐賀お茶がゆ会は1975(昭和50)年に創立され、8月に43年目を迎えます。月に一度、日曜日の朝に集い「食膳の言葉」を唱えたあと「お茶がゆ」をいただきます。

 ゲストを迎えての卓話や講演も楽しみのひとつ。いろんな交流を通して互いの安否を確認し、情報交換しているそうです。最近では佐賀城下ひなまつりなどのイベントで「お茶がゆ」の振る舞いを行っています。

 「佐賀を代表する食物であるお米とお茶がコラボしたお茶がゆは、佐賀のPRに一役買う」と43代会長の大嶋公子さん。「鍋島直正公が奨励された質素倹約の精神は、日本人としての原点に立ち返る大切な教え。郷土古来の美風をアピールし、若い人たちに美しい日本の心を継承するお茶がゆ会でありたい」と話し、会員を募っています。

 問い合わせは幹事長の渡辺純生さん、電話090(9796)3601へ。(地域リポーター=式町郁子・佐賀市)

このエントリーをはてなブックマークに追加