伊藤銀次と共演する田中拡邦

活動45周年を迎えた伊藤銀次

 ナイアガラ・トライアングル、シュガー・ベイブでの活動で知られる伊藤銀次と、ママレイドラグの田中拡邦(小城市出身)の2マンライブが3日午後7時半から、佐賀市のライブハウス「ロックライド」で開かれる。70、80年代シティロックの落ち着いた空気感が味わえそうだ。

 昨年、田中は伊藤のバンド「ココナツ・バンク」のアルバムにメンバーとして参加した。今回は活動45周年を迎えた伊藤の全国ツアーで、佐賀と福岡の公演で田中が競演する。

 2人は以前から、ライブイベントで一緒に演奏していて、伊藤のライブに田中が呼ばれて出演したこともあるという。10代で「はっぴいえんど」にのめり込んだ田中のギタープレイが注目され、伊藤のバンドに呼ばれた。

 田中と伊藤の2マンライブは初めて。田中にとって伊藤は70年代日本語ロックを作ってきた“始まりの世代”。田中は「今でもあの頃の血が薄まっていない本物」と伊藤を評する。ライブでは「世代は違うが音楽の方向性は同じ。お互いの良さが引き立つような演奏を聴かせたい」と、本番を楽しみにしている。

 ▽チケットは前売り3800円(当日500円増し、要ワンドリンクオーダー)。問い合わせはロックライド、電話0952(26)2687。

このエントリーをはてなブックマークに追加