佐賀県は1日、工事を落札したにもかかわらず契約を辞退したとして、土木業などを手がける「ナラタ」(唐津市)を2日から1カ月の指名停止処分にすると発表した。

 県建設・技術課によると、同社は7月に唐津土木事務所発注の県道のり面工事を落札したが、施工条件を一部見落として必要な技術者が確保できないなどとして契約締結を辞退した。県は指名停止措置要領の「不誠実な行為」に当たるとして処分を決めた。同社は昨年度、県発注工事で4件の受注実績がある。

このエントリーをはてなブックマークに追加