佐賀県教育委員会は22日、17日に実施した県公立学校教員採用選考試験で、高校教諭理科(化学)の専門試験の1問に誤りがあったと発表した。合否に影響はなく、この問題は受験者17人全員を正解とする。

 県教職員課によると、誤りがあったのは水溶液の性質の度合い(pH値)を求める問題で、文中の定数の値を誤って表記し、解答できなくなっていた。20日に受験者から電話で指摘があり気づいた。問題作成過程で誤記し、点検作業でも発見できなかった。教職員課は「問題の点検・校正などのチェック確認を一層厳重に行い、再発防止に努める」とのコメントを出した。合格発表は29日。

このエントリーをはてなブックマークに追加