唐津市は、不誠実な行為をしたとして昭和自動車(唐津市)を2カ月間の指名停止処分にした。

 市契約管理課によると、3月28日に開札したスクールバス運行業務で、箞木(うつぼぎ)小(厳木町)の旧本山小校区と海青中(鎮西町)の業務を昭和自動車がそれぞれ380万6千円と439万円で落札した。2件とも4社ずつ応札した。翌日、同社は「入札金額を間違えたため落札金額で契約できない」と辞退した。

 箞木小のバス運行は再入札で舞鶴観光バス(唐津市)が435万円で落札、海青中は入札で次点だったケイユー交通(同)と約474万円で随意契約した。昭和自動車は2015、16年度、薬品など物品購入で13件28万5120円、運送業務などの役務で16件1億2781万3657円を市から受注している。

このエントリーをはてなブックマークに追加