準々決勝・唐津商-神埼 唐津商2回表1死三塁、7番横山魁人が中前適時打を放ち、三走百武泰成が生還、先制する=佐賀市のみどりの森県営球場

■神埼、9回反撃及ばず

 唐津商が好機を確実に生かして先行し、神埼に快勝した。

 唐津商は二回、中前打の4番百武を二つの犠打で三塁に進め、7番横山の中前適時打で先制。三回は2死三塁から3番岡本の右前適時打で加点し、六回には2四球と敵失に乗じて3点を挙げた。投げては谷口、伊藤の両投手が神埼打線を5安打1点に抑えた。

 神埼は九回、2番平石、3番野田の連打と敵失で1点を返したが、反撃が遅かった。

 ▽準々決勝(みどりの森県営球場)

唐津商011 003 000 5

神 埼000 000 001 1

▼唐津商    打安点

 (9) 井 上500

 (5) 山 崎400

 (7) 岡 本411

  1  伊 藤000

  7  園 田000

 (3) 百 武310

  3  打 越000

 (2) 通 山000

  2  土 井210

(1)71谷 口200

 (6) 横 山421

 (8) 平 川410

 (4) 前 田310

     計 3172

 振球犠盗失併残

 6242225

▼神埼    打安点

(4) 福 永300

(5) 平 石420

(6) 野 田410

(3) 高 橋400

(9) 片 江400

(7) 今 村400

(1) 今 井300

(2) 高 島320

(8) 古 澤300

    計 3250

 振球犠盗失併残

 5100305

▼投手 回   安振球

谷 口 8   351

伊 藤 1/3 200

谷 口 2/3 000

▼投手 回 安振球

今 井 9 762

このエントリーをはてなブックマークに追加