J2岐阜は22日、ラモス瑠偉監督(59)を成績不振のため解任したと発表した。今季が3年契約の3年目。チームは7勝3分け14敗の18位と低迷していた。後任には今季からコーチを務めていた吉田恵氏(43)が昇格し、22日に就任した。

 元日本代表の人気選手だったラモス監督は2014年に就任。1年目は17位、15年は20位に終わっていた。今シーズンも20日に当時最下位だった金沢にホームで敗れて、5連敗を喫するなど苦しんでいた。

 吉田氏はJ1鳥栖のコーチだった14年にもシーズン途中で監督を務めたことがある。岐阜市の岐阜長良川競技場で行われた就任記者会見では、チームの立て直しに向けて「この状況を打開して何とかJ2に残留させられるようにしたい」と抱負を語った。

このエントリーをはてなブックマークに追加