■地域産業の記憶伝える 神埼市の仁比山小渕地区の一帯には明治30年ごろ、城原川を水源とし、水路を利用した60基以上の水車群があり、製粉、精米、製材が盛んに行われていた。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加