サッカー・J1サガン鳥栖は6日、元日本代表のGK権田修一選手(27)の加入を発表した。権田選手は同日、鳥栖市で行われた練習に合流。「チームの発展、成長、勝利のために精いっぱい頑張る」と意気込みを語った。

 権田選手は東京都出身で187センチ、83キロ。FC東京の下部組織で育ち、2007年にトップチームに昇格。09年からは守護神として活躍し、J1通算183試合に出場した。この間、各世代別の日本代表を経験。12年のロンドン五輪ではレギュラーとして日本の4強入りに貢献し、14年のワールドカップでも日本代表入りした。

 16年1月からはオーストリアのSVホルンに期限付き移籍してプレー。今年1月にFC東京から契約解除が発表されていた。鳥栖での背番号は33になる。

このエントリーをはてなブックマークに追加