息の合った演奏を披露する高校生=佐賀市文化会館

 第57回佐賀県吹奏楽大会(県吹奏楽連盟など主催)が22日、佐賀市文化会館で開幕した。25日までの4日間で小学生から一般まで93団体が出演する。初日は高校生A部門が行われ、各校の生徒たちが日ごろの練習成果を発揮し、熱のこもった演奏を披露した。

 同部門には23校がエントリーした。発表時間は12分で、5曲ある課題曲の中から1曲と自由曲の計2曲を演奏。生徒たちは美しいメロディーを奏でたり、息の合ったアンサンブルを聞かせるなど、豊かなブラスの響きで会場から大きな拍手を受けていた。

 大会は来月19日、福岡市で開幕する第61回九州吹奏楽コンクールの県予選を兼ねている。審査の結果、初日は佐賀北高と佐賀学園高が、県代表に選ばれた。

このエントリーをはてなブックマークに追加