ドライバーに安全運転を訴える関係者たち=伊万里市東山代町ドライバーに安全運転を訴える関係者たち=伊万里市東山代町

 伊万里市東山代町の国道204号で、市交通安全協会東山代支部と東山代町交通対策協議会の関係者ら15人が通行車両にお茶などを配り、交通安全を呼び掛けた。

 夏の交通安全県民運動の一環。警察官の誘導で国道沿いの空き地に車を呼び込み、運転手に「安全運転でお願いします」と語りかけながら、冷たい茶や菓子、ティッシュペーパーと共に交通安全運動のちらしを手渡した。

 交通安全協会東山代支部長の鴨川義人さん(65)は「近くに工業団地もあり、大型トラックを含め(国道204号は)交通量が多い。安全運転を訴えることで、事故ゼロを実現させたい」と話していた。

このエントリーをはてなブックマークに追加