定例記者会見で唐津市との連携への期待を語った塚部芳和市長=伊万里市役所

 伊万里市の塚部芳和市長は6日の定例記者会見で、玄海原発再稼働への対応について「唐津市と連携し、避難道路の早急な整備などを訴えていければ」と、唐津市の峰達郎新市長に期待した。

 玄海原発(東松浦郡玄海町)のPAZ(緊急時防護措置準備区域)30キロ圏内の自治体として「原発に向き合う姿勢としては、単独より連携した方が国や九電に対する申し入れも効果がある」と語った。

 原発に対する両市の姿勢では「これまで少し温度差があった」と指摘し、玄海原発を巡る経済的な恩恵の違いが背景にあるとの認識を示した。唐津市長の交代を受け、「(温度差を)リセットできたらいいかなと思う」と述べた。

 立地自治体に交付される電源三法交付金にも触れ、「再稼働を考えた場合は(30キロ圏内の)避難道路や防災行政無線にも交付があるべきで、法整備を国に働き掛けたい」と具体的な連携を模索する考えを示した。

このエントリーをはてなブックマークに追加