■致遠館

 吉田 愛(よしだ・あい)弓道部主将や勉強など重圧が多いなか「いつも誰かの支えがあった」と感謝する。「政治で暮らしを良くしたい」と北九州市立大法学部へ進学。佐賀市天祐。(普通科)

 中川 璃郁(なかがわ・りく)テニス部では猛練習に耐え、2年時に大会で勝利し努力を結実させた。VRを用いた「革新的な発明」が目標。慶應義塾大理工学部へ進む。佐賀市鍋島町。(理数科)

 光武 絢香(みつたけ・あやか)「開口端補正」の研究で全国各地の発表会へ参加し、入試のプレゼンに「経験を生かせた」。再生医療の研究を志し大分大理工学部へ。佐賀市久保泉町。(理数科)

 江口 京香(えぐち・きょうか)中高通して音楽部に所属し「人前で歌うことで精神的に成長できた」。幼少期の自分を支えてくれた看護師に憧れ、国立大理系を目指す。佐賀市兵庫北。(普通科)

 平野 裕貴(ひらの・ゆうき)文化祭の司会を担い「かんだけど滞りなく進行できた」と自負する。夢は日本史教師で「目標にしたい先生に出会えた」。国立大文系を志望。小城市芦刈町。(普通科)

 北島 拓実(きたじま・たくみ)「クラスメートと一緒に勉強した時間」が一番の思い出。国立大理系を目指し、将来は「有機化学の研究で発見の楽しさを追求したい」。佐賀市兵庫町。(理数科)

 橋本 颯(はしもと・はやて)生徒会長として「学校改革」に奔走、リーダーの苦労を知った。科学捜査官になり「被害者の無念を科学の力で晴らす」のが夢。国立大理系志望。白石町。(理数科)

■佐賀工

 福田 京介(ふくだ・きょうすけ)電車の運転士という夢を掲げ、資格取得や部活動に励んだ。九州旅客鉄道に就職。「毎日を大切に過ごし、早く一人前になりたい」。佐賀市久保田町。(機械科)

 柿原 健太(かきはら・けんた)山岳で九州大会3位。中国総体出場も果たした。「合宿で見た満天の星空が最高の思い出」。佐賀大理工学部機械システム工学科に進む。佐賀市若宮。(機械科)

 江頭 優作(えがしら・ゆうさく)野球部のマネジャーとして部員114人を支えた。コンデンサー製造の佐賀三洋工業に就職。「しっかりと働いて親孝行したい」。佐賀市大財。(電気科)

 中原 航己(なかはら・こうき)模範となる学習態度で優秀な成績を収めた。自動車部品製造のアイシン精機に就職。「仕事に必要な技術を身に付け人間性を高めたい」。小城市牛津町。(電気科)

 龍野光太朗(たつの・こうたろう)ラグビー部主将として活躍。U-20セブンス日本代表を経験した。帝京大に進み、「気持ちを込めたプレーで将来は日本代表に」。佐賀市神野西。(電子情報科)

 橋口 雄太(はしぐち・ゆうた)ロボット研究部で活動。ものづくりコンテスト県大会で上位入賞した。「文化祭のダンスが一番の思い出」。本田技研工業に進む。佐賀市東与賀町。(電子情報科)

 江口 莉佳(えぐち・りか)建築デザイン部と美術部で活躍。2年生から副生徒会長を務めて文化祭や体育祭の準備に奔走した。松尾建設に就職し、「2級建築士を目指す」。佐賀市開成。(建築科)

 =定時制=

 北村 一樹(きたむら・かずき)アルバイトをしながら学業に励み、危険物取扱者乙第1~6類まですべてを取得した。「将来は車の設計に携わりたい」と久留米工大に進む。佐賀市大財。(機械科)

 荒木 涼汰(あらき・りょうた)4年間皆勤。第2種電気工事士を取得した。「同級生とダブルスで出場した卓球の県大会優勝がうれしかった」。ノリ加工のヤマコに就職。佐賀市神園。(電気科)

このエントリーをはてなブックマークに追加