大阪、京都、兵庫など近畿圏在住者でつくる関西佐賀県人会(岡豪敏会長)の総会が4日、京都市内であり、出席者約400人が親睦を深めた。=写真

 岡会長は「今回は若者を含め初めての参加者も多い。大いに佐賀弁で話し、交流を深めよう」とあいさつ。来賓で参加した山口祥義知事が明治維新150年関連事業など県政を報告、郷土愛ランキングを例に「素晴らしいものが多くある佐賀を大いに自慢しよう」と呼び掛けた。

 参加者は出身地や出身校別に分かれて互いの近況を語り合い、アトラクションでは六本木ヒロシさん(唐津市出身)、山口さわ美さん(佐賀市出身)の歌謡ショーなどで盛り上がった。

 総会には山内修一京都府副知事のほか、佐賀から石倉秀郷県議会議長らも参加した。

このエントリーをはてなブックマークに追加