260年の伝統を誇る唐津市北波多の「徳須恵祇園祭」が23日始まり、高さ6メートルの山笠が、威勢のいい囃子(はやし)の音とともに地区内を練り歩いた。24日も午後4時から同8時半まで巡行する。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加