■理工学部物理科学科

 佐賀大学は6日、理工学部物理科学科の編入試験で、出題ミスが1カ所あったと発表した。出題範囲外からの問題だったため、受験者4人の解答を全員正解にした。「合否には影響ない」と説明している。

 入試課によると、試験は2日に実施した。専門科目の出題範囲は力学と電磁気学だったが、熱力学から1問を出した。受験者の一人が解答用紙に「出題範囲外」と記入したり、別の受験者が面接時に指摘したりしたため、ミスが分かった。

 入試課は「編入試験はこれまで、各学科の中だけで問題をチェックしてきた。今後は学部の7学科の出題責任者も含めて点検し、再発防止に努める」と話している。

このエントリーをはてなブックマークに追加