12年ぶりの花火大会もある「ふるさと大町納涼まつり」のポスター

 大町町で8月13日、12年ぶりに花火大会が開催される。「お盆の風物詩が消えて寂しい」という声にこたえ、町政施行80周年記念行事として“復活”する。

 町の花火大会は納涼まつりのイベントとして実行委員会形式で開催していたが、2005年以降は経費の問題などで中止になっていた。「帰省した人たちも楽しみにしていた」などの声を受け、ふるさと納税の「町長おまかせコース」に集まった寄付のうち、400万円を活用して開催することを決めた。

 13日は午後6時から町民グラウンドで盆踊りやステージイベント、抽選会などがある「ふるさと大町納涼まつり」を開催。花火大会は午後8時半からで、約1000発がわんぱく公園から打ち上げられる。

 会場周辺に駐車場がないため、公共交通機関の利用を呼び掛けている。問い合わせは町企画課、電話0952(82)3112。

このエントリーをはてなブックマークに追加