青いサンタの姿で田んぼや水路そばのごみを拾う参加者=佐賀市川副町

 佐賀市の清掃団体「日本ボランティアクラブむつごろう」が18日、同市川副町の空港道路沿いで清掃活動をした。「海の日」にちなんだ全国展開のごみ拾い運動に賛同して参加者15人が青いサンタクロースの姿になり、空き缶やビニール袋など落ちているごみを集めた。

 日本財団の「海と日本プロジェクト」の一環で実施した。同クラブの参加者は支給された青い帽子やシャツを着用し、強い日差しを受けながら汗だくになって作業に励んだ。

 同クラブは定期的に各地で清掃していて、北村広紀代表(58)は「活動を見た人が新たに会員になり、ごみ拾いを通してまるで青いサンタから出会いやつながりをもらっているよう。今後も続けていきたい」と話した。

このエントリーをはてなブックマークに追加