草むしりをして手伝う北陵高校生=佐賀市高木瀬東

 佐賀市の北陵高校の生徒が19日、一人暮らしの高齢者宅を訪れて手伝いをした。草むしりやエアコンの掃除など生徒たちは依頼された仕事をこなしながら、高齢者との会話にも花を咲かせた。

 同校の生徒会が主催するボランティア活動の一環で行った。有志で集まった生徒と教員の約70人が班ごとに分かれて活動した。作業を進めながら、お年寄りと学校や普段の暮らしなど何気ない会話を楽しみ、交流を深めた。

 庭の草むしりを依頼した80代女性は「感謝感激の一言。1人ではここまでできない。若い人とのやりとりもうれしい」と笑顔で話した。2年生の中村浩基さん(17)は「高齢者の方と話す機会がないので、新鮮だった」と話した。

 同活動は地域住民との交流を目的に始め、10年以上になる。地区の民生委員児童委員と連携しながら運営している。

このエントリーをはてなブックマークに追加