「100年企業顕彰」贈呈式で記念撮影するミズの入部恭一常務(中列右端)ら受賞企業の代表=福岡市の博多エクセルホテル東急

 九州や関東でドラッグストアや調剤薬局を展開するミズ(佐賀市、木元伸一社長)が、地域に貢献した長寿企業をたたえる「100年企業顕彰」で、奨励賞にあたる「優良100年企業」に選ばれた。熊本地震被災地への薬剤師派遣をはじめ、がん患者と家族へのボランティア支援など地域活動が評価された。

 顕彰は、学識者や企業などでつくる「100年経営の会」が昨年始め、第1回は中部地方に本社を置く企業を表彰した。2回目の今回は九州・沖縄の企業が対象で16社が受賞。13日に福岡市のホテルで表彰式があり、ミズからは入部恭一常務が出席した。

 同社は「お客さまのおかげで受賞できた。これを励みにさらに健康増進のお手伝いをしていきたい」と話した。

 ミズは1910(明治43)年に杵島郡有明町(現・白石町)に薬局を開設し、創業106年。近年はコンビニエンスストアとの融合店のほか、介護福祉や保育など多様な事業を展開している。

このエントリーをはてなブックマークに追加