福岡は生命線の守備がほころび、逆転負けを喫した。鳥栖との九州ダービーで第1ステージ開幕戦に続いて2戦2敗。井原監督は「悔しい気持ちでいっぱい」と肩を落とした。 後半の3失点はいずれもサイドからの攻撃。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加