侠客や悪党、異端のヒーローを特集した「なつかしの映画上映会」が5、6の両日、鹿島市生涯学習センター「エイブル」で開かれる。勝新太郎や松方弘樹、高倉健などが出演する1960年代の映画4本を上映する。

 作品は、勝新太郎と中村玉緒が共演した「不知火検校」、松方弘樹の「次郎長三国志」、高倉健が出演する「網走番外地」と「人生劇場 飛車角と吉良常」の4本。東京国立近代美術館フィルムセンターのフィルムを上映する。

 チケットは1枚で4本鑑賞でき、2日間とも有効。一般は千円、エイブル倶楽部会員と高校生以下は500円。問い合わせはエイブル、電話0954(63)2138。

このエントリーをはてなブックマークに追加