日本郵便は6日、格安スマートフォンの販売地域を全国に拡大し、24日から東北、東京、信越、北陸、中国、四国、九州、沖縄でも開始すると発表した。IT大手のインターネットイニシアティブが提供する格安スマホを取り次ぐ。日本郵便は昨年8月の東海を皮切りに北海道や関東、近畿と販売を広げてきた。

 新たに取り扱いを始めるのは、青森、岩手、宮城、秋田、山形、福島、東京、新潟、長野、富山、石川、福井、鳥取、島根、岡山、広島、山口、徳島、香川、愛媛、高知、福岡、佐賀、長崎、熊本、大分、宮崎、鹿児島、沖縄の1都28県。簡易郵便局を除く全ての郵便局で販売する。

 端末代と基本料金は月2980円(税抜き)で、毎月3ギガバイトのデータ通信が可能となる。【共同】

このエントリーをはてなブックマークに追加