環境省と国土交通省は2日、南米原産の強毒アリ「ヒアリ」について、生息調査を横浜港で始めた。今後、中国などからの定期コンテナ航路がある全国の68港湾を対象に順次実施する。佐賀は伊万里港が対象。

 目視点検をした上で、10月末まで捕獲用容器の設置を3回繰り返す。環境省野生生物課希少種保全推進室の三宅悠介室長補佐は「早めに確認することで、侵入防止に取り組んでいきたい」と話した。【共同】

このエントリーをはてなブックマークに追加