血圧測定などを受ける来場者=佐賀市の高齢者向け複合施設「そいよかね」内

 身近なコンビニでがん検診などができる「コンビニ健診」が17日、佐賀市のローソンミズ木原店であった。近くの住民ら107人が血液検査や肺がん検診などを受けた。

 2014年度から始まり、今回で6回目の開催。事前申し込みしていた来場者は、同店などがある高齢者向け複合施設「そいよかね」内で肝機能などを調べる血液検査や血圧測定、医師による診察などを受けた。

 会場には骨の健康度や認知症の症状をチェックするコーナーもあった。佐賀市大財の主婦(34)は「普段は子どもの世話などでなかなか健診に行けない。家からも近く、気軽に受診できる機会があるのはありがたい」と話していた。

 コンビニ健診は県や佐賀市、ローソン、ミズ、協会けんぽ佐賀支部、佐賀銀行健康保険組合が実施し、今年は10、12月にも行う。

このエントリーをはてなブックマークに追加