巨人、球団ワースト12連敗

 巨人は7日、メットライフドームで行われた交流戦の西武2回戦に0―3で敗れ、球団ワースト記録を42年ぶりに更新する12連敗を喫した。就任1年目の長嶋監督が指揮を執って球団史上唯一の最下位に沈んだ1975年の11連敗を上回った。

 プロ野球記録は98年にロッテが喫した18連敗。セ・リーグ記録は70年にヤクルトがマークした16連敗。

 巨人は先発した吉川光が四回にメヒアに2ランを浴びて先制を許し、五回途中まで2失点で降板。六回に西村が中村にソロを打たれてリードを広げられると、打線は反撃できなかった。

このエントリーをはてなブックマークに追加