夏休みの自由研究にお薦めの本をそろえたコーナー

 いよいよ夏休みが始まりました。プールにキャンプ、花火大会に夏祭り。楽しい予定がぎっしりの反面、頭が痛いのは数々の宿題や課題の山でしょう。

 それなら、まちの図書館に出かけてみましょう。自由研究や実験のヒント、読書感想文の題材に巡り合うチャンスです。

 東京の新聞社が実施している学校読書調査によると、調べものをするときにスマホやタブレットを使う子どもの割合が増えているそうです。活字や新聞などの存在感が徐々に低下していると指摘しています。

 読書は、さまざまな知識や技能を体系的に学び、文章を論理的に理解することに役立ちます。それは生きる力を育む大切な肥やしになるに違いありません。長い夏休み、ぜひ図書館で「知の世界」の入り口に立ってみませんか。8月2日からは「図書館×謎~開かずの本の秘密~」と題したイベントも実施します。

=いすの木のもとで 伊万里市民図書館だより=

このエントリーをはてなブックマークに追加