名護屋漁港を舞台にした金塊密輸事件。容疑者送検の日、唐津署でカメラを構える報道陣の列に加わった。シャッターチャンスは裏口から護送車に乗り込むまでの、まさに一瞬だ。 その時を待ちながら周囲を見やる。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加