行方不明となっている大和晃さんの両親らが発見した車体の一部=24日午後、熊本県南阿蘇村(大和卓也さん提供)

 熊本地震で崩落した熊本県南阿蘇村の阿蘇大橋付近で行方不明となっている大学生大和(やまと)晃(ひかる)さん(22)の両親と知人ら約70人が24日、下流の川岸を捜索し、晃さんが乗っていた車の一部とみられるものを見つけた。父卓也さん(58)は「確実に息子のものだと思う」と話し、25日にも県に引き上げを要望する。

 卓也さんによると、晃さんが使っていた黄色のトヨタ・アクアとみられる車体の一部が、阿蘇大橋下の川の数百メートル下流で横向きになった状態で見つかった。岩に押しつぶされ、車内を確認できる状態ではないという。

 両親はこれまで、周辺を捜索したり、晃さんの特徴を記したチラシを配ったりして、手掛かりを求めてきた。卓也さんは報道陣の取材に「晃を必ず見つけ出したい」と涙ながらに話した。

このエントリーをはてなブックマークに追加