越地さん(左)の新聞ワークショップの様子。当日の紙面を教材に、新聞の秘密を語る=熊本県(提供)

 紙面を丸ごと使って親子で新聞に親しむワークショップ「新聞って面白いね」が18日14時から16時まで、佐賀市天神の佐賀新聞社で開かれる。熊本大学客員教授で、NIE(教育に新聞を)講座専門家の越地(こえじ)真一郎さんを講師に、小学5年から中学生までを対象に開く。

 越地さんは当日の佐賀新聞を使い、紙面の成り立ちや見出し、記事の書き方の秘密などを分かりやすく、楽しく解説する。参加者は新聞に触れながら五感を使ったアクティブ・ラーニング(能動的学習)を体験できる。NIEは国語や社会科をはじめ、さまざまな学習効果が期待されている。

 佐賀県NIE研究会(富吉賢太郎会長)が主催する。参加無料、12日締め切り。申し込み、問い合わせは佐賀新聞社メディアコンテンツ部、電話0952(28)2162。

=NIE(教育に新聞を)=

このエントリーをはてなブックマークに追加